HOME > ユース特命報告員専用ページ

■ 平成30年度第5回意見募集テーマ:「子どもの人権SOSミニレター」について
【テーマの背景】
 全国の法務局(※)では,差別や嫌がらせ等の人権問題について,電話,メール,手紙等による相談を受け付けています。 子供からの人権相談については,子供専用の電話相談窓口「子どもの人権110番」を設けているほか,「子どもの人権SOSミニレター」(以下「SOSミニレター」といいます。)を全国の小学生・中学生全員に配布しています。SOSミニレターは封筒と便せんが一体となったもので,裏面の便せん部分に悩みごとを記入し,ポストに投函すると最寄りの法務局に届く仕組みとなっています。子供たちからは,学校におけるいじめや体罰,家庭内での虐待等についての相談も寄せられており,SOSミニレターをきっかけにして,いじめや体罰,虐待等から子供が救われた例がいくつもあります。
 最近では,SNSを活用した相談窓口も増えてきていますが,そういう時代であるからこそ,手書きで悩みごとを書いて相談できるSOSミニレターは,今もなお重要な相談ツールであると考えています。SOSミニレターを子供たちにより広く利用してもらうための方策について,若い皆様の率直なご意見をお聞かせください。
 ※法務局は,法務省の地方組織の一つであり,法務局(全国8か所),地方法務局(全国42か所)
  及びその支局(全国261か所)において,人権擁護に関する事務を行っています。

「子どもの人権SOSミニレター」について(法務省HP)
「子どもの人権SOSミニレター」(小学生用)1/2  「子どもの人権SOSミニレター」(小学生用)2/2
「子どもの人権SOSミニレター」(中学生用)1/2  「子どもの人権SOSミニレター」(中学生用)2/2



【回答に際しての留意点】
 皆様の率直な意見をお聞かせください。


意見報告受付期間:1月7日(月)~1月27日(日)
※募集は終了しました。
報告する

■ 問い合わせ先
内閣府政策統括官(共生社会政策担当)付青少年企画担当
Tel:03-5253-2111(内線:38251)


〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1電話番号:03-5253-2111(大代表)