HOME > ユース特命報告員専用ページ

■ 第3回テーマ:若年層を対象とした性的な暴力被害の防止について
【テーマの背景】
  近年、いわゆるアダルトビデオ出演強要問題や、いわゆる「JKビジネス」と呼ばれる営業等により児童が性的な被害に遭う問題などが発生しており、若年層を対象とした性的な暴力に係る問題は深刻な状況にあります。
 年度当初である平成29年4月を「AV出演強要・『JKビジネス』問題等被害防止月間」に定め、政府一体となって必要な取組を緊急かつ集中的に実施してきたほか、平成29年5月には関係府省対策会議において今後の取組方針も策定されたところです。施策をより実効性のあるものとするためには、当事者である皆さんの意見を把握することが不可欠であると考えております。
 今回は、若者が、モデルやアイドル等の勧誘や、高収入アルバイトへの応募をきっかけに、いわゆるアダルトビデオ出演強要や「JKビジネス」と呼ばれる営業等により性的な暴力の被害に遭わないためにできることは何か。また、被害に遭ったときに、どのような場所・手段があれば相談しやすいか、皆さんのご意見をお聞かせください。

参考:若年層を対象とした性的な暴力の啓発について(内閣府ホームページ)
http://www.gender.go.jp/policy/no_violence/avjk/index.html

【回答の留意点】
 皆様の率直な意見をお聞かせください。


意見報告受付期間:9月19日(火)~10月9日(月)
 
報告する

■ 問い合わせ先
内閣府政策統括官(共生社会政策担当)付青少年企画担当
Tel:03-5253-2111(内線:38251)


〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1電話番号:03-5253-2111(大代表)